清水 ちなみ 脳 梗塞。 「あ、ぬ!」「違う。あ、め!」…脳梗塞で失語症になった清水ちなみが「母には絶対内緒に」と頼んだ理由

[100] 元 NHKアナウンサー山川さんの脳梗塞からの生還記

その後、信頼できる先生に相談したところ「手術を受けた方がいい」と説得してくださり、1週間後に手術を受けることにしました。 夜遅くに、突然大量の鼻血が出たのです。

6

清水ちなみ

頭痛は誰もが経験する一般的な症状です。 またミューズ細胞製剤を手がけるLSIIによる異例の挑戦も紹介し、出澤教授と描く「医療革命」の展望に触れている。

たった1回の投与で回復…東北大が発表した「ミューズ細胞」脳梗塞患者への驚くべき可能性(2021年5月22日)|BIGLOBEニュース

山口武典理事長 山川さんといえば、NHK紅白歌合戦の白組司会者、「ひるのプレゼント」「ウルトラアイ」などを担当されたアナウンサー、さらに歌舞伎評論家、文筆家として、皆さんよくご存じと思います。

3

「あ、ぬ!」「違う。あ、め!」…脳梗塞で失語症になった清水ちなみが「母には絶対内緒に」と頼んだ理由

というわけで、大人がいま履くべきスニーカーと、そのこなしのアレやコレを考えてみました。

「あ、ぬ!」「違う。あ、め!」…脳梗塞で失語症になった清水ちなみが「母には絶対内緒に」と頼んだ理由

そういうことにも知恵を働かせてね。

脳卒中治療

ちなみさんは病気になり10年経たれたようですが、私は失語症から回復されて長文を発表されているのがとても嬉しく感じました。 その後複数回の手術を経て、 現在は体調も安定し、脳に関しても異常はないとの診断結果を受けております。

14

出てくる言葉は「お母さん」と「わかんない」……清水ちなみが語る「左脳の4分の1が壊死した私」――2020 BEST5(文春オンライン)

「脳梗塞でしゃべれなくなった患者さんがしゃべれるようになった、歩けるようになった、手が動くようになった……。 これも、すごく時間がかかりました。 「病気からの復活、清水ちなみさんのお話」でした。

6