海洋 プラスチック 問題。 海洋プラスチック汚染とは何かー21世紀最悪の環境問題の一つ、深刻化するその状況(上)|イーズ 未来共創フォーラム

海洋プラスチック問題とは?数字と事実・原因・解決策、マイクロプラスチックの影響など

なぜなら、マイクロプラスチックの一つ一つが、外来種を媒介・移動させたり、水中の化学的汚染物質を吸収したりするからだ。 実は、日本は1人当たりのパッケージ用プラスチックごみの発生量が、アメリカに次いで世界で2番目に多い国です。

18

海洋プラスチックごみ問題とは?日本や海外の取り組み、私たちができることを解説

最も問題とされているのが貝や魚、鳥などがプラスチックごみを過って食べてしまうことです。 現在では100社、6400店舗でこのシステムを導入頂いていますが、まだまだ廃棄されているハンガーも多く、毎年多くのハンガーごみが出続けています。

13

レジ袋有料化でも海洋プラスチックの問題は解決されない理由

このように世界ではプラスチックを減らす動きが加速しており、海洋プラスチック問題の深刻さと今後への影響、そしてプラスチックの大量生産・使用国としての日本の立場を考えるならば、日本は「憲章」の内容に合わせることでなく、その内容を十分に上回る取り組みを約束することが求められるといえるでしょう。 次に、プラスチック問題に対して個人で対策ができるアクションをご紹介します。

4

海洋プラスチック問題とは?その現状と原因・対策を解説

日本の海岸に漂着したごみの量と内訳。 実際、現在リサイクルされているプラスチックは全体の9%しかないのだ。

マイクロプラスチックが人体に与える影響は?

このマイクロプラスチックは、海の生物に対して物理的な影響と、化学的な影響を及ぼすのです」 物理的な影響の事例として、マイクロプラスチックがサンゴに取り込まれ、サンゴと共生関係にある褐虫藻(かっちゅうそう)が減り、その共生関係が崩れてしまうことが報告されている。 より細かく砕かれていっても、消えることはない。 ゴミ拾いやボランティアに参加する 私たちが行える行動の中にごみ拾いがありましたが、特に海岸でのごみ拾いに参加することも重要なことです。

海洋プラスチック問題とは?その現状と原因・対策を解説

さらにそれを口にする場合、人体にも影響を及ぼす可能性があります。 WEELSでは今後も海洋プラスチックごみ問題について発信し続けていきたいと思います。

11

海洋プラスチック汚染とは何かー21世紀最悪の環境問題の一つ、深刻化するその状況(上)|イーズ 未来共創フォーラム

さまざまな研究者が伝える努力をしているにもかかわらず、問題が複雑であることと、短期間に知識量がうなぎ登りに増えてきたことがあいまって、海洋プラスチック汚染を巡る多くの誤解がある。 海に住む50万種の動物のうち4分の1がサンゴ礁域に暮らしており、海水のCO2濃度調節にも欠かせない役割を持つサンゴへの影響は、海全体の生態系への影響ともいえます。

16