バス タオル 黒カビ。 捨てる前に!タオルの黒カビを綺麗さっぱりとろう

タオルの黒カビ除去は塩素系漂白剤が最強だった!

軽くバケツを揺らして酸素系漂白剤をまぜて下さい。 体や手を拭いた後でも、洗濯が終わった後でも、タオルが濡れた状態のまま長時間置かないようにしましょう。

4

タオルの黒い点々は黒カビ?捨てる前に試してほしい落とし方

し、汁の色が・・! これはカビの色ではございません。 タオルの黒カビを落とす方法 繊維への食い込み具合が軽ければ、タオルの黒カビも落とすことができます。

捨てる前に!タオルの黒カビを綺麗さっぱりとろう

ですから、つけ置きの時間は最長でも約2時間以内にしておくのがおすすめです。 特にタオルですと、手を拭いたり、顔を拭いたり、バスタオルだったら体を拭いたりと、湿った状態のまま何時間もそのままにすることが多いですよね。 しっかりとこの条件を満たしてしまっているのです。

2

バスタオルがカビても捨てる必要なし!きれいに復活させる私の方法とは?

漂白剤を使うときの注意点3つ 漂白剤は強力な漂白力を発揮する反面、使い方を間違えると失敗してしまうことがあります。

8

バスタオルの黒い点々はカビ!落とし方は漂白と○○ 予防方法も

その後、弱火で10分ほど煮込んで下さい。 また、人体への影響も気になるところです。

18

バスタオルにカビが・・・!ピンクや黒カビ。捨てるタイミングは?

粉末タイプの酸素系漂白剤はアルカリ性で、純粋な漂白剤の成分が中心です。 また、表から見えなくても洗濯槽の裏側は黒カビがびっしりということがあります。 ここでも私は、漂白剤を多めに入れました。

8

バスタオルにカビが・・・!ピンクや黒カビ。捨てるタイミングは?

黒カビタオルになる原因は? 黒カビの菌は、空気中を漂っていたり、洗濯機の中の洗濯槽にもついていたりと、身の回りにたくさんいます。

10