外務 省 渡航 情報。 外務省(渡航関連情報

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について|外務省

全ての入国者に対して、健康状態質問書及び特別検疫申告書の作成、入国場検疫での発熱チェック、韓国国内滞在住所及び連絡先(携帯電話)の提出並びに自己診断アプリのインストール等を求める。 海外からの帰国者の感染が相次いでいることや、国際線の運休などで現地から出国できないケースが出ていることなども考慮したとみられます。

15

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置

上記に加え、引き続き、令和3年1月8日の決定に基づいて、当分の間、入国拒否対象国・地域からの渡航か否かを問わず、全ての入国者(日本人を含む。 インド、パキスタン、ネパール、スリランカ、モルディブ、バングラデシュ• (11月30日(開始済み))(一時停止中) (注)シンガポール、韓国及びベトナムとのビジネストラックの手続に関しては、 もご参照ください。

外務省、全世界への不要不急の渡航中止を要請、海外危険情報レベル2を発出、欧州3カ国は感染症危険情報をレベル3に引き上げ

(11月1日(開始済み))(一時停止中)• スイス、スウェーデン、スペイン、ノルウェー、リヒテンシュタイン• イ 上記アに基づく変異株B. アメリカ(テネシー州、フロリダ州、ミシガン州、ミネソタ州)、インド、ペルー• ウ トランジットの旅行者については、国外旅行の継続まで自己負担で指定ホテルに隔離される。 なお詳細・最新情報は,を御確認ください。

外務省、渡航中止勧告の段階的引き下げを検討

また、入国時にPCR検査を受検する場合、自己隔離への承諾書への署名を求められるほか、検体採取証明書の交付を受け、空港到着ロビーから出る際にこの証明書を警察又は保健労働監督機関の職員に提示することにより、空港から離れる許可を受ける。 現在までに実際に運用を開始(開始日が決定)している国・地域については、以下をご確認ください。 617指定国・地域に該当する国・地域は、外務省及び厚生労働省において確認の都度、別添の書式で指定し公表する。

20

外務省(渡航関連情報

(注4)の国・地域については、当該国・地域内で変異ウイルス感染事例が確認されたわけではありませんが、入国前14日以内に当該国・地域に滞在歴のある新型コロナウイルス感染者から変異ウイルスが検出されたことを踏まえ、予防的観点から指定して公表するものです。 また、ジョージア国内の大学への留学目的の場合、入国後、8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けることが求められる。 【2020年3月17日更新】• 617指定国・地域のうち、別途指定する一部の国・地域からのすべての入国者及び帰国者に対し、当分の間、追加的な強化措置として、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)での10日間の待機を求める。

19

外務省、渡航中止勧告の段階的引き下げを検討

イ 日本又は当該対象国・地域に居住する者(当該対象国・地域の国籍保有者だけではなく、第三国国籍の方を含む)であって、日本と当該対象国・地域の間の航空便(直行便の他、経由する国・地域に入国・入域許可を受けて入国・入域しないことを条件に経由便も可。

5

コロナウィルス感染症発生に伴う渡航危険情報(外務省)等について

・航空機内で陽性患者の近くに座っていた乗客は一次的接触 primary contact とみなされ、自主隔離の上、公衆衛生局職員によるモニタリングを受ける。 (5)対象国・地域への入国・入境の際に必要な手続 本件試行措置の対象となる対象国・地域に入国・入境する際には、別途、当該対象国・地域が定める手続をとる必要があります。

9

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について|外務省

アラブ首長国連邦、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スロバキア、デンマーク、ドイツ、ナイジェリア、ブラジル(アマゾナス州を除く)、フランス、ベルギー• 当分の間、この仕組みの利用を一時停止します。 )、及び台湾におけるトランジットを全面的にしばらくの間停止した。

12

外務省、渡航中止勧告の段階的引き下げを検討

(2)本邦入国のために必要な手続・書類 外国人の方が本邦への新規入国を希望される場合は、レジデンストラックと同様の手続が必要になります。

4