山梨 地震。 山梨県の地震活動の特徴

山梨県東部・富士五湖を震源とする地震情報 (日付の新しい順)

そして 揺れの時間も長いため、津波などの被害が発生することが懸念されるのです。

20

甲府市/地震について

笛吹市、• そしてこちらも同じように地震発生の場合発表されている 「震度」は、ある大きさの地震が起きた時「わたしたちが生活している場所での揺れの強さ」のことを表しています。

7

2021年2月13日19時52分頃、山梨県などで最大震度3を観測する地震がありました

そのため「震度」は大きくなります。 — tenki. 佐久市• 停電対策:バッテリーや蓄電器、簡易発電機などの準備• ふだんから気象関係のアプリやホームページにアクセスして、どんな情報がどこにあるか、どのくらいの状態になったら避難などの対応が必要かなど、気象情報を正しく読み取れるようになっておきましょう。

10

山梨県で気をつけるべき災害とは 山梨県における災害の特徴と対策方法

その反対にマグニチュードの大きい地震でも震源からの距離が遠い場合は、地面の揺れはマグニチュードの数値は大きくてもあまり揺れません。

甲府市/地震について

昭和町• 近年では、阪神・淡路大震災や熊本地震など、地震の揺れによって大きな被害が発生してしまいました。 また、神奈川県中でこの地震により発生したに直撃された1名が死亡した。 全壊数:約7,700棟 死者数:約200人 参照元:「山梨県東海地震被害想定調査報告書」 南海トラフ地震の被害予想(内閣府) 一方、内閣府がH24年に算出した南海トラフ地震が起きた際の山梨県の被害予想は以下の通りです。

山梨県の地震活動の特徴

今後の情報にご注意下さい。 大雨で地盤が緩んでいるときに起きやすいですが、はっきりとした兆候がみつけにくいことも多いため、 崩れることに気づいてからでは助かりません。

7

山梨県の地震活動の特徴

内訳は、山梨県内での最大震度について、最大震度2の地震が3回、最大震度1の地震が7回です。 山梨県中・西部の震度3以上を観測した地震情報 山梨県中・西部の震度3以上を観測した地域に含まれる市区町村• 中央市• この圧力によって、ゆがみが次第にたまり、岩盤がさけて、新しい断層がつくられたり、古い断層(活断層)が再び動き出して、内陸の比較的浅い位置を震源とする直下型地震が発生します。

15

山梨県の地震活動の特徴

南アルプス市• 早川町、• 他の都道府県の地震発生の確率と被害予想について 地震が来る前に知っておきたい・用意しておきたいこと. <将来の活動> 曽根丘陵断層帯は、全体が1つの区間として同時に活動する場合、マグニチュード7.3程度の地震が発生する可能性があります。 震度データベース検索()では、地震・津波の観測・解析データや震源リスト、今回算出した震度データベース検索など、たくさんの情報を確認することができます。 北相木村• 先代から聞いた話ですが、 山梨内で震源地がある地震が、起こると近いうちに大きな地震が起こると聞いたことがあるのでとても不安です。

山梨県の地震活動の特徴

主要な活断層や海溝型地震(プレートの沈み込みに伴う地震)の活動間隔、次の地震の発生可能性〔場所、規模(マグニチュード)及び発生確率〕等の評価(長期評価)の概要を一覧にして掲載しています。

6