吉 幾 三 すいか 歌詞。 酔歌・・・追伸 歌詞「吉幾三」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

吉 幾 三 すいか 歌詞

うたてんは無料の歌詞検索サイトです。

酔歌・・・追伸 歌詞「吉幾三」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

弾き語り• 第1位 喜びも悲しみも幾歳月 若山彰• 吉幾三 酔歌 歌詞 第17位 バイ・バイ・バーディー 中尾ミエ• 55061 ああ上野駅 井沢 八郎 51797 ああ、玉杯に花うけて 唱歌 55062 あゝ人生に涙あり 里見 浩太朗・横内 正 51645 RPG SEKAI NO OWARI 51071 相川音頭 新潟県民謡 55000 愛燦燦 美空 ひばり 50517 愛して愛して愛しちゃったのよ 田代 美代子&マヒナスターズ 50100 哀愁のカサブランカ 郷 ひろみ 55063 哀愁の高山 竜 鉄也 55065 愛人 テレサ・テン 50275 会いたい 沢田 知可子 51573 会いたくて 会いたくて 西野 カナ 51333 愛のうた 倖田 來未 51574 愛の讃歌 越路 吹雪 55066 愛の終着駅 八代 亜紀 55282 愛のままで… 秋元 順子 51025 I'M A PILGRIM ゴスペル 50128 I LOVE YOU 尾崎 豊 50705 アヴェマリア(AVE MARIA) 讃美歌 51655 青い山脈 藤山 一郎&奈良 光枝 50546 青い目の人形 童謡 50576 仰げば尊し 文部省唱歌 50024 青葉城恋唄 さとう 宗幸 51213 青葉の笛 唱歌 51214 青山土手から わらべうた 50547 赤い靴 童謡 50079 赤いスイートピー 松田 聖子 51215 赤い鳥小鳥 童謡 50835 赤い帽子白い帽子 童謡 51216 赤い山青い山白い山 わらべうた 55067 アカシアの雨がやむとき 西田 佐知子 51752 赤とんぼ 童謡・唱歌 51439 あがらしゃれ 山形県民謡 51217 あがり目さがり目 わらべうた 50521 秋田おばこ 秋田県民謡 51436 秋田音頭 秋田県民謡 51690 秋田県民歌 県民歌 51437 秋田大黒舞 秋田県民謡 51072 秋田船方節 秋田県民謡 51418 安芸の宮島 水森 かおり 51424 安里屋ユンタ 沖縄曲 50836 朝日は昇りぬ 文部省唱歌 50382 あざみの歌 伊藤 久男 51218 あした 童謡 51626 明日があるさ 坂本 九 51863 明日はどこから 松 たか子 55069 足手まとい 森 雄二とサザンクロス 50567 あづま男と浪花のおんな 北島 三郎&中村 美律子 55236 あなたひとすじ 川中 美幸 50630 あの日にかえりたい 松任谷 由実 50837 あの町この町 唱歌 51219 あぶくたった わらべうた 55001 亜麻色の髪の乙女 島谷 ひとみ 55002 天城越え 石川 さゆり 51220 雨 童謡 50701 アメージング・グレース(AMAZING GRACE) ゴスペル 55070 雨酒場 香西 かおり 50078 雨の慕情 八代 亜紀 55071 雨の御堂筋 欧陽 菲菲 50838 雨ふり 童謡 50839 雨降りお月さん 文部省唱歌 51725 あやめ雨情 三山 ひろし 51568 荒鷲の歌 軍歌 51676 有明海 北山 たけし 51081 アリラン 韓国民謡 50840 アルプス一万尺 わらべうた 50621 阿波踊り 徳島県民謡 55073 淡雪の橋 鏡 五郎 50577 あんたがたどこさ わらべうた 55074 あんたの花道 天童 よしみ 50102 安奈 甲斐バンド 50395 アンパンマンのマーチ ドリーミング 50184 いい日旅立ち 山口 百恵 50089 イエスタディ(YESTERDAY) ビートルズ 50429 イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More カーペンターズ 50578 池の鯉 文部省唱歌 55586 いごっそ魂 三山 ひろし 50056 居酒屋 木の実 ナナ&五木 ひろし 50310 石狩挽歌 北原 ミレイ 50617 伊勢音頭 三重県民謡 51073 磯浜盆唄 北海道民謡 51221 磯原節 民謡 50609 磯節 茨城県民謡 51222 いちかけにかけ わらべうた 50841 一月一日 唱歌 50383 いちご白書をもう一度 バンバン 51223 いちじくにんじん わらべうた 51224 一番はじめは わらべうた 51225 一番星みつけた わらべうた 51226 いちもんめのいちすけさん わらべうた 50522 五木の子守唄 熊本県民謡 50842 一寸法師 唱歌 51227 一銭かいましょか わらべうた 51228 いっちゃんが~ろくちゃんが わらべうた 51229 1本ばしコチョコチョ わらべうた 51627 いつもの小道で 田辺 靖雄&梓 みちよ 51681 糸 中島 みゆき 50431 いとしのエリー サザンオールスターズ 50783 愛しのクレメンタイン(OH MY DARLING CLEMENTINE ) アメリカ民謡 51230 いなかの四季 唱歌 51444 伊那節 長野県民謡 51231 犬山音頭 民謡 55004 命くれない 瀬川 瑛子 55005 いのちの限り 天童 よしみ 50129 異邦人 久保田 早紀 50432 イマジン imagine John Lennon 51711 今は幸せかい 佐川 満男 51232 いもむしごろごろ わらべうた 51433 いやさか音頭 北海道民謡 50878 祖谷の粉ひき唄 徳島県民謡 50622 伊予節 愛媛県民謡 50990 伊良部トーガニー 沖縄曲 51853 いろは小唄 中村 錦之助 50025 祝い酒 坂本 冬美 55076 祝い船 門脇 陸男 50439 ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World) USAフォー・アフリカ 51852 We can! 想い出が蘇る事によって 脳の刺激にもなりますし、口を動かすことで、口の筋肉も鍛えられて、 誤嚥 ごえん の防止効果にもなるし、何より歌を唄うことで、 明るい気分になりますよね! 是非、この歌の中から好きな歌を探して、高齢者の方たちと一緒に唄ってくださいね。 落陽 15. アルバム:全曲集 作詞:吉 幾三 作曲:吉 幾三 歌いだし:あんた 歌手 吉幾三 950229 ログイン 新規登録 歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」 歌詞検索 会員検索 新着投稿歌詞 ランキング 歌詞投稿数一覧. 第4位 俺は待ってるぜ 石原裕次郎• 第15位 赤いハンカチ 石原裕次郎• 北 きたの 雪降 ゆきふる 海風 うみかぜを 受 うけて 夢 ゆめを 語 かたった 津軽 つがるの 海 うみよ 吹雪 ふぶく 中 なかでヨ くちずさむ 唄 うたは 父 ちちが 教 おしえた ソーラン 節 ぶしよ 青 あおい 空 そらとヨ 菜 なの 花 はなの 畑 はたけヨ 春 はるの 風 かぜとヨ 故郷 ふるさとを 捨 すてた 老 おいたおふくろ 立 たちつくす 駅 えきは 雪 ゆきがぱらつく 青森 あおもりの 駅 えきよ 惚 ほれた 女 おんなが 18で 死 しんだよ 都会 とかいのはずれで ひとりで 死 しんだ 秋 あきの 雨 あめにヨ むなしさの 衿 えりを 立 たてて 歩 あるいた 新宿 しんじゅくの 街 まちよ 言 いえる 苦労 くろうは 苦労 くろうとは 言 いわぬと 胸 むねに 秘 ひめたる 死 しぬまで 胸 むねに 酒 さけに 溺 おぼれて 眠 ねむりつく 夜 よるは 遠 とおい 昔 むかしが 涙 なみだでくもる ぽつり ぽつりと 降 ふりだした 雨 あめに 男 おとこは 何故 なぜか 女 おんなを 想 おもう ひとり ひとりで 飲 のみだした 酒 さけに 夢 ゆめを 浮 うかべて この 胸 むねに 流 ながす ヤーレン ソーランヨ 都会 とかいの 隅 すみで ヤーレン ソーランヨ 今夜 こんやも 酒 さけを 風 かぜに 風 かぜにヨ 暖簾 のれん 巻 まく 風 かぜにヨ 遠 とおい 故郷 くにのヨ 父親 おやじを 想 おもう ふらり ふらりと 居酒屋 いざかやを 出 でれば 冬 ふゆの 近 ちかさが 心 こころに 吹 ふくよ ヤーレン ソーランヨ 雨 あめから 霙 みぞれ ヤーレン ソーランヨ 今夜 こんやも 酒 さけを 「 人 ひとは 誰 だれもが 何 なにかを 背負 せおい そして 生 いきていく 時 ときたま 忘 わすれてしまうのもまた 生 いきていく 仕事 しごと そんな 酒 さけならば 俺 おれは それでいい」 ふわり ふわりと 降 ふりだした 雪 ゆきに この 手 て 当 あてれば おふくろを 想 おもう 詫 わびて 合 あわせる 右 みぎの 手 てと 左 ひだり 酒 さけが 降 ふらせた 男 おとこの 涙 なみだ ヤーレン ソーランヨ 積 つもり 行 いく 雪 ゆきに ヤーレン ソーランヨ 今夜 こんやも 酒 さけを ヤーレン ソーランヨ 積 つもり 行 いく 雪 ゆきに ヤーレン ソーランヨ 今夜 こんやも 酒 さけを 北 kita の no 雪降 yukifu る ru 海風 umikaze を wo 受 u けて kete 夢 yume を wo 語 kata った tta 津軽 tsugaru の no 海 umi よ yo 吹雪 fubu く ku 中 naka で de ヨ yo くちずさむ kuchizusamu 唄 uta は ha 父 chichi が ga 教 oshi えた eta ソ soー ラン ran 節 bushi よ yo 青 ao い i 空 sora と to ヨ yo 菜 na の no 花 hana の no 畑 hatake ヨ yo 春 haru の no 風 kaze と to ヨ yo 故郷 furusato を wo 捨 su てた teta 老 o いたおふくろ itaofukuro 立 ta ちつくす chitsukusu 駅 eki は ha 雪 yuki がぱらつく gaparatsuku 青森 aomori の no 駅 eki よ yo 惚 ho れた reta 女 onna が ga 18 で de 死 shi んだよ ndayo 都会 tokai のはずれで nohazurede ひとりで hitoride 死 shi んだ nda 秋 aki の no 雨 ame に ni ヨ yo むなしさの munashisano 衿 eri を wo 立 ta てて tete 歩 aru いた ita 新宿 shinjuku の no 街 machi よ yo 言 i える eru 苦労 kurou は ha 苦労 kurou とは toha 言 i わぬと wanuto 胸 mune に ni 秘 hi めたる metaru 死 shi ぬまで numade 胸 mune に ni 酒 sake に ni 溺 obo れて rete 眠 nemu りつく ritsuku 夜 yoru は ha 遠 too い i 昔 mukashi が ga 涙 namida でくもる dekumoru ぽつり potsuri ぽつりと potsurito 降 fu りだした ridashita 雨 ame に ni 男 otoko は ha 何故 naze か ka 女 onna を wo 想 omo う u ひとり hitori ひとりで hitoride 飲 no みだした midashita 酒 sake に ni 夢 yume を wo 浮 u かべて kabete この kono 胸 mune に ni 流 naga す su ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 都会 tokai の no 隅 sumi で de ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 今夜 konya も mo 酒 sake を wo 風 kaze に ni 風 kaze に ni ヨ yo 暖簾 noren 巻 ma く ku 風 kaze に ni ヨ yo 遠 too い i 故郷 kuni の no ヨ yo 父親 oyaji を wo 想 omo う u ふらり furari ふらりと furarito 居酒屋 izakaya を wo 出 de れば reba 冬 fuyu の no 近 chika さが saga 心 kokoro に ni 吹 fu くよ kuyo ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 雨 ame から kara 霙 mizore ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 今夜 konya も mo 酒 sake を wo 「 人 hito は ha 誰 dare もが moga 何 nani かを kawo 背負 seo い i そして soshite 生 i きていく kiteiku 時 toki たま tama 忘 wasu れてしまうのもまた reteshimaunomomata 生 i きていく kiteiku 仕事 shigoto そんな sonna 酒 sake ならば naraba 俺 ore は ha それでいい soredeii」 ふわり fuwari ふわりと fuwarito 降 fu りだした ridashita 雪 yuki に ni この kono 手 te 当 a てれば tereba おふくろを ofukurowo 想 omo う u 詫 wa びて bite 合 a わせる waseru 右 migi の no 手 te と to 左 hidari 酒 sake が ga 降 fu らせた raseta 男 otoko の no 涙 namida ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 積 tsu もり mori 行 i く ku 雪 yuki に ni ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 今夜 konya も mo 酒 sake を wo ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 積 tsu もり mori 行 i く ku 雪 yuki に ni ヤ yaー レン ren ソ soー ランヨ ranyo 今夜 konya も mo 酒 sake を wo. 第12位 おさげと花と地蔵さんと 三橋美智也• 第14位 ラ・ノビア ペギー葉山• 第9位 エリカの花散るとき 西田佐知子• 第4位 見上げてごらん夜の星を 坂本九• 第16位 私のベイビー~Be My Baby~ 弘田三枝子• 歌: 作詞:吉幾三 作曲:吉幾三 ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとり ひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランヨ 都会の隅で ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を 風に 風にョ 暖簾巻く風にョ 遠い故郷のョ 父親を想う ふらり ふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランヨ 雨から みぞれ ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を ふわり ふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて 合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を. 第3位 東京だョおっ母さん 島倉千代子• 第18位 あん時ゃどしゃ降り 春日八郎• 坂道 オリジナル・カラオケ• 第7位 雪の渡り鳥 三波春夫• クイーンズ 51646 お夏清十郎 東海林 太郎 51247 鬼は外福は内 わらべうた 50318 オネスティ ビリー・ジョエル 55092 おはん 五木 ひろし 50029 お久しぶりね 小柳 ルミ子 50298 おふくろさん 森 進一 50846 おぼろ月夜 唱歌 55210 おまえにありがとう 山本 譲二 50634 想い出がいっぱい H2O 55093 おもいで酒 小林 幸子 55094 想いで迷子 チョー・ヨンピル 55202 親ごころ 大泉 逸郎 51248 お山のお猿 童謡 55096 おゆき 内藤 国雄 51132 お嫁サンバ 郷 ひろみ 50407 オリビアを聴きながら 杏里 50635 俺たちの旅 中村 雅俊 50884 尾鷲節 三重県民謡 51586 女…さすらい 大月 みやこ 55447 女に生まれて 三山 ひろし 55098 女のきもち 角川 博 55299 女の旅路 中村 美律子 55099 女のみち 宮 史郎とぴんからトリオ 55100 女の港 大月 みやこ 50435 オンリーユー The Platters 50524 貝殻節 鳥取県民謡 55101 帰ってこいよ 松村 和子 50582 案山子 かかし 文部省唱歌 51347 崖の上のポニョ 藤岡 藤巻と大橋 のぞみ 51249 かごかき 唱歌 50525 鹿児島おはら節 鹿児島県民謡 50583 かごめ かごめ わらべうた 50636 飾りじゃないのよ涙は 中森 明菜 51250 霞か雲か 唱歌 55102 風の坂道 北島 三郎 51435 嘉瀬の奴踊り 青森県民謡 51715 風港 大川 栄策 50584 かぞえうた 日本古謡 50585 かたつむり 文部省唱歌 50847 カチューシャの唄 唱歌 50719 かっこう ドイツ民謡 55103 喝采(かっさい) ちあき なおみ 51662 悲しい酒 美空 ひばり 50686 カナダからの手紙 平尾 昌晃&畑中 葉子 51082 カプトリワカプスニ 韓国民謡 50848 鎌倉 唱歌 51009 COME UNTO HIM 讃美歌 51251 亀戸の天神さま わらべうた 50549 かもめの水兵さん 童謡 51252 落葉松 からまつ 唱歌 51253 かりがわたる 文部省唱歌 50625 刈干切唄 宮崎県民謡 55104 川 北島 三郎 51254 蛙の夜まわり 童謡 55011 河内おとこ節 中村 美律子 50885 河内音頭 大阪府民謡 55012 川の流れのように 美空 ひばり 51255 河原柳 唱歌 50192 神田川 かぐや姫 50057 乾杯 長渕 剛 50809 黄色いリボン アメリカ民謡 50611 木更津甚句 千葉県民謡 50849 汽車ポッポ 童謡 51550 キセキ GReeeeN 50526 木曽節 長野県民謡 50015 北空港 浜 圭介&桂 銀淑 55014 北国の春 千 昌夫 55105 北酒場 細川 たかし 55015 北の旅人 石原 裕次郎 55106 北の宿から 都 はるみ 55016 北の漁場 北島 三郎 55107 汽笛 五木 ひろし 55108 貴船の宿 川中 美幸 51411 気まぐれロマンティック いきものがかり 55109 君こそわが命 水原 弘 50041 君といつまでも 加山 雄三 55110 君は心の妻だから 鶴岡 雅義と東京ロマンチカ 50638 君は天然色 大滝 詠一 51737 君待てども 平野 愛子 51257 キューピー・ピーちゃん 童謡 55017 兄弟船 鳥羽 一郎 55203 京都から博多まで 藤 圭子 55018 きよしのズンドコ節 氷川 きよし 51425 霧 文部省唱歌 50850 金魚のひるね 童謡 50851 金太郎 唱歌 55111 金木犀 伍代 夏子 55112 空港 テレサ・テン 50713 草競馬 アメリカ愛唱歌 50527 草津節 群馬県民謡 51448 串木野さのさ 鹿児島県民謡 50614 郡上節 岐阜県民謡 55019 釧路湿原 水森 かおり 51738 九段の母 二葉 百合子 55020 くちなしの花 渡 哲也 51258 くつが鳴る 童謡 55213 グッド・バイ・マイ・ラブ アン・ルイス 55021 熊野古道 水森 かおり 50370 クリスマス・イブ 山下 達郎 51259 紅萌ゆる丘の花 唱歌 51630 黒い花びら 水原 弘 51446 桑名の殿様 三重県民謡 50539 軍艦行進曲 軍歌 51083 クンバムタリョン 韓国民謡 50792 ケーキをこねて イギリス童謡 50640 結婚しようよ 吉田 拓郎 51144 Get Along Together 〜愛を贈りたいから〜 山根 康広 51729 ゲラゲラポーのうた キング・クリームソーダ 50265 元気を出して 竹内 まりや 51668 恋音と雨空 AAA 51724 恋するフォーチュンクッキー AKB48 50142 恋におちて 小林 明子 55214 恋のしずく 伊東 ゆかり 50044 恋のバカンス ザ・ピーナッツ 50586 鯉のぼり 文部省唱歌 55114 恋の町札幌 石原 裕次郎 51261 恋はやさし野辺の花よ 唱歌 55115 恋人よ 五輪 真弓 51659 高校三年生 舟木 一夫 50886 江州音頭 滋賀県民謡 50550 荒城の月 唱歌 50852 こうま 文部省唱歌 51016 GO DOWN MOSES 黒人霊歌 51018 GOLDEN SLUMBERS イギリス童謡 51263 黄金虫 こがねむし 童謡 50853 故郷 こきょう の空 スコットランド民謡 51265 故郷を離るる歌 唱歌 50528 コキリコ節 富山県民謡 50761 漕げよマイケル アメリカ民謡 55215 心う・ら・は・ら 水森 かおり 55116 心凍らせて 高山 厳 55117 こころ酒 藤 あや子 50354 心の旅 チューリップ 51695 心のプラカード AKB48 50644 心もよう 井上 陽水 50299 秋桜 コスモス 山口 百恵 50887 コツコツ節 大分県民謡 51084 コツタリョン 韓国民謡 51268 ことしのぼたん わらべうた 55022 五能線 水森 かおり 51269 木の葉のお舟 童謡 50300 このまま君だけを奪い去りたい DEEN 51581 この夜を止めてよ JUJU 50148 五番街のマリーへ ペドロ&カプリシャス 51665 ごめんなさいのKissing You E-Girls 55119 コモエスタ赤坂 ロス・インディオス 51270 小諸なる古城のほとり 唱歌 50613 小諸馬子唄 長野県民謡 55120 小指の想い出 伊東 ゆかり 51426 今度生まれたら 唱歌 51631 こんにちは赤ちゃん 梓 みちよ 50529 金毘羅舟々 香川県民謡 50003 今夜は離さない 橋 幸夫&安倍 葎子 51271 才女 唱歌 50530 斉太郎節 宮城県民謡 55122 酒場 冠 二郎 51272 酒場の唄 唱歌 51062 THE KING OF LOVE MY SHEPHERD IS 讃美歌 50587 さくら 日本古謡 50936 桜井の訣別 唱歌 55025. ソプラノサックス•。 第16位 Day-O The Banana Boat Song [バナナ・ボート] Harry Belafonte• 酒場のしんちゃん 一般用半音下げカラオケ• 第3位 こんにちは赤ちゃん 梓みちよ• 歌手: 作詞: 作曲: ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとり ひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランよ 都会の隅で ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を 風に 風にヨ 暖簾巻く風にヨ 遠い故郷 くに のヨ 父親 おやじ を想う ふらり ふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランよ 雨から霙 みぞれ ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ふわり ふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて 合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を. 男酔い 07. 吉幾三さんといえば、 なんとなく 北国の出身であることは、 みなさんご存知の通りですが、 具体的にどこの県の、 なんという町になるのか? といったことまでは、 あまり知られていないようですね。

酔歌(吉幾三) / コード譜 / ギター

第6位 いつでも夢を 橋幸夫・吉永小百合• 第11位 学園広場 舟木一夫• 歌手: 作詞: 作曲: 北の雪降る 海風を受けて 夢を語った 津軽 ふるさと の海よ 吹雪く中でヨ くちずさむ唄は 父が教えた ソーラン節よ 青い空とヨ 菜の花の畑ヨ 春の風とヨ 故郷 ふるさと を捨てた 老いたおふくろ 立ちつくす駅は 雪がぱらつく 青森の駅よ 惚れた女が 18で死んだよ 都会 まち のはずれで ひとりで死んだ 秋の雨にヨ むなしさの衿を 立てて 歩いた 新宿の街よ 言える苦労は 苦労とは言わぬと 胸に秘めたる 死ぬまで胸に 酒に溺れて 眠りつく夜は 遠い昔が 涙でくもる ぽつりぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとりひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランよ 都会の隅で ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を 風に風にヨ 暖簾巻く風にヨ 遠い故郷 くに のヨ 父親 おやじ を想う ふらりふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランよ 雨から霙 みぞれ ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ふわりふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を. 第7位 東京五輪音頭 三波春夫• それを知った私はさらに吉幾三さんの事を好きになったのを覚えています。 だいたい 昭和10年から40年代の歌で、高度経済成長期の明るく希望に満ちた名曲ばかりです。 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夢の続きがあるのなら LU LU LU LU LU LU 涙で歌った あなたが好きだからそれでいい 強く強く抱いてよ 真夏の夜中に車を走らせ もし何かあっても僕のこと 雪が少しでも降ってくれたら 愛は愛とて何になる男一郎 空にしてって酒も肴も ただ傍に居るだけで 祭り囃子が町から消えてヨ 潮のかおりに何故か誘われ 悲しみのせて北へ走る 落ち葉がクルクルと風に舞い 雨が窓を打つ私の胸を打つ あなたへあなたへひと言 あの時君は若かった 夕陽に染まる海岸海風が頬を ビルの谷間を射す夕陽この街 亜麻色の長い髪を風がやさしく あなた逢いたい早く逢いたい 遠く離れた故郷の風と夕焼け 降りしきる雨の舗道頬つたう 雨の夜にあなたは帰る 愛されて夢を見てひとりで 出逢いから別離にとありがとう 涙枯れても夢よ枯れるな二度と コップ一杯飲む酒もなぜか サァ帰ろう涙ふいて いつか君と行った映画がまた 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 一度だけなら許してあげる 日本海から吹く風が いつか又逢える君と又いつか 揺ら揺らとゆらゆらと 生まれる前から結ばれていた 今でも町を流れる雪解けの水 うちのかみさん夜更かし好きで 海に抱かれて男ならばたとえ あんたの背中に爪を立てて 海猫よ誰か探しに来たのかよ ちょっと通りの裏小路 雨ふる小樽で傘の中別れた 元気でしょうか貴方さまこの町 湖に君は身をなげた 肩を抱き飲んだ酒夢語り 初めての町の初めての店で 踊り疲れたディスコの帰り 揺ら揺らとゆらゆらと波まかせ おじさんに君の若さのその何か オジサンはオジサンは 土曜の夜だからお家居なきゃ 雨が枯れ葉に落ちる夜 背負えぬほどの男の荷物 少しはやんちゃで構わない ひざを合わせて男の酒は 櫓太鼓が隅田の川に なんで男は男は海へ出る 男だ女だ言う気はないが 淋しさを知らすように寄せては ヘェヘェヘェヘェヘェヘェヘェヘェ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 北の岬に夕陽が散って 夕焼け川沿いみんなで歩いた 君を見つけたこの渚にひとり 男だろう飲みなよ泣けるだけ 夜舟ゆられて男のたびは テレビも無ェラジオも無ェ 俺の港はお前だヨ少し金貸して 風吹く北の町夜汽車にゆり 俺は田舎のプレスリー 俺は田舎のプレスリー 雨がパラパラあなたとふたり こんなに別れが苦しいものなら 潮風乗って港のカモメあの人 生まれた時からみなし子で あなたの背中でかあさん わたし昔からそうでした 元気でいるか街には慣れたか ゴーゴーゴー風が泣いている 夢を背負って乗って来た夜汽車 お前とあの時出逢ったあの日 お前とあの時出逢ったあの日 昔あんたの胸の中あの夜聴いた 男の暦をめくってみれば 君のその頬やさしく撫でて 元気で仲良く暮らすんだ 貴男はもう忘れたかしら 愛すればこそ想い愛すればこそ 冬がもうすぐ来るのです 人込みの中すれ違った男 北の港のよ番屋には. 992• 第8位 港町十三番地 美空ひばり• うちのかみさん 夜更かし好きで 早く起こすと あぁ もう! たまのオツトメ 求めてみても 寝返りうって あぁ もう! ちょいとYシャツ 汚しただけで 顔をしかめて あぁ もう! 風呂を上がって ビールを頼みゃ 飲んできたんでしょ! あぁ もう! 遠いあの日の 新婚時代どこ? 何で何で何で何でや~! 会社同僚 飲み会あるの いくらいるのよ? あぁ もう! タバコ ゴルフを 止めればいいと 寿司を頬張り あぁ もう! 遅い遅いと 帰宅を急かし 早く帰れば あぁ もう! 嫁と姑 しゅうと の ケンカの狭間 何も言わなきゃ あぁ もう! 何か言ったら どっちの味方!? 俺を睨んで あぁ もう! 老後 心配 年金手帳 いくらもらえるの? あぁ もう! 若い若い あの日の美貌はどこ? 何で何で何で何でや~! 化粧ほどこし 急いで出掛け 酔って帰って あぁ もう! 風呂を上がって 鏡に向かい 腹をつまんで あぁ もう! うちのかみさん 外面 そとづら 良くて 上司帰れば あぁ もう! 耳にじゃらりん 首にもじゃらりん どっかの部族かよ! あぁ もう! 何を食べます? 聞かれてドリア ソース作るの あぁ もう! 外で食べてと 言われて食べて 土産買わなきゃ あぁ もう! 涙 涙 あの日の涙はどこ? 何で何で何で何でや~! 年に2度ある ボーナス時期は 朝からニヤニヤ あぁ もう! 年に一度の 誕生日には ケタケタ朝から あぁ もう!. 第13位 アカシアの雨がやむとき 西田佐知子• 10年ぶりに結婚式ができ、親孝行もできて感無量と語る吉さんは、 昨日、記念写真を撮った時、女房に「ご苦労さん」って言ったら、首を横に振りながら「たいして苦労しなかったよ」って言ってくれて… とまたまた目頭をうるませていたのでした。

12

吉幾三 酔歌 歌詞

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夢の続きがあるのなら LU LU LU LU LU LU 涙で歌った あなたが好きだからそれでいい 強く強く抱いてよ 真夏の夜中に車を走らせ もし何かあっても僕のこと 雪が少しでも降ってくれたら 愛は愛とて何になる男一郎 空にしてって酒も肴も ただ傍に居るだけで 祭り囃子が町から消えてヨ 潮のかおりに何故か誘われ 悲しみのせて北へ走る 落ち葉がクルクルと風に舞い 雨が窓を打つ私の胸を打つ あなたへあなたへひと言 あの時君は若かった 夕陽に染まる海岸海風が頬を ビルの谷間を射す夕陽この街 亜麻色の長い髪を風がやさしく あなた逢いたい早く逢いたい 遠く離れた故郷の風と夕焼け 降りしきる雨の舗道頬つたう 雨の夜にあなたは帰る 愛されて夢を見てひとりで 出逢いから別離にとありがとう 涙枯れても夢よ枯れるな二度と コップ一杯飲む酒もなぜか サァ帰ろう涙ふいて いつか君と行った映画がまた 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 一度だけなら許してあげる 日本海から吹く風が いつか又逢える君と又いつか 揺ら揺らとゆらゆらと 生まれる前から結ばれていた 今でも町を流れる雪解けの水 うちのかみさん夜更かし好きで 海に抱かれて男ならばたとえ あんたの背中に爪を立てて 海猫よ誰か探しに来たのかよ ちょっと通りの裏小路 雨ふる小樽で傘の中別れた 元気でしょうか貴方さまこの町 湖に君は身をなげた 肩を抱き飲んだ酒夢語り 初めての町の初めての店で 踊り疲れたディスコの帰り 揺ら揺らとゆらゆらと波まかせ オジサンはオジサンは 土曜の夜だからお家居なきゃ 雨が枯れ葉に落ちる夜 背負えぬほどの男の荷物 少しはやんちゃで構わない ひざを合わせて男の酒は 櫓太鼓が隅田の川に なんで男は男は海へ出る 男だ女だ言う気はないが 淋しさを知らすように寄せては ヘェヘェヘェヘェヘェヘェヘェヘェ 北の岬に夕陽が散って 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夕焼け川沿いみんなで歩いた 君を見つけたこの渚にひとり 男だろう飲みなよ泣けるだけ 夜舟ゆられて男のたびは テレビも無ェラジオも無ェ 俺の港はお前だヨ少し金貸して 風吹く北の町夜汽車にゆり 俺は田舎のプレスリー百姓の 雨がパラパラあなたとふたり こんなに別れが苦しいものなら 潮風乗って港のカモメあの人 生まれた時からみなし子で あなたの背中でかあさん わたし昔からそうでした 元気でいるか街には慣れたか ゴーゴーゴー風が泣いている 夢を背負って乗って来た夜汽車 お前とあの時出逢ったあの日 お前とあの時出逢ったあの日 昔あんたの胸の中あの夜聴いた 男の暦をめくってみれば 君のその頬やさしく撫でて 元気で仲良く暮らすんだ 貴男はもう忘れたかしら 愛すればこそ想い愛すればこそ 冬がもうすぐ来るのです 人込みの中すれ違った男 北の港のよ番屋には 人との出会いを求めて行こう あなた変わりはないですか 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夜汽車にトコトコ揺り揺られ 若さゆえ苦しみ若さゆえ悩み 男と女の間にはふかくて暗い きっといつかは君のパパも 夕陽の向こうに昭和が見える あの時代我が友達を追えば ゲッゲッゲゲゲのゲー 愛することに疲れたみたい 幾つになっても忘れない 不思議な恋は女の姿をして 枯葉散る夕暮れは ハァーパーも無ェボギーも無ェ ハァどうなるかどうでるか 好きでお酒を飲んじゃいないわ 5人も座ればいっぱいで 紅を今夜は濃い目につけて かんかん照りの坂の道今でも さくら咲く頃は母の手に 忘れてしまいたい事や 男の酒はため息をグラスの外へ 久しぶりじゃネどうして 涙には幾つもの想い出がある 涙には幾つもの思い出がある 淋しさ紛らす酒がいい ふるさとは津軽にて十五才 笹舟よあの人へ綴った愛の 色々あって人は様々に 何も言わないでちょうだい 今日の仕事はつらかった 枯れ葉舞う都会の夕焼けに 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 春…北のヨ…野からヨ…雪解け 夕陽に染まる上海 季節のない街に生れ 朝日に目覚める鳥 春を待ってる北国に 青い海原群れ飛ぶ鴎 君はおぼえているかしら 一日二杯の酒を飲みさかなは 夕焼けよおまえに会うたび どうせあんたは他者のひと 風の便りじゃふるさとは雪が 風に吹かれて雨に打たれて ぽつりぽつりと降りだした雨に 北の雪降る海風を受けて 好きさ好きさ好きさ 君の素敵なブラックコート 卒業までの半年で 面影訪ねてふるさとへ きっと来てねと泣いていた おじさんは会社退職させられて その昔恋をしていた 老いも若きもこの空の下踊り 雨に濡れてたたそがれの街 ヤテマレーヤテマレー 遠く昔この手つないで歩き 浴衣のきみは尾花の簪 あなたは海へ出る男の海へ 今はもう秋誰もいない海 僕が初めて君を見たのは アハハエヘヘウヒョヒョ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夢も泪も情けも酒も ハァ風にまかれてヨハァ三味が おめだの爺コ婆々どしてらば 今朝も聞こえる木こりの音が 風に追われてふるさと後に 雪がパラパラ降るその夜は故郷 津軽平野に雪降る頃はヨー 津軽平野に雪降る頃はヨ 春来れば田ぜき小ぜきサ 父親に飲まされた酒で 激しい道を歩いていたら激しい奴 新たな友に出逢ったときは あなたに会いたくて 悩みつづけた日々がまるで嘘の 知らない街を歩いてみたい 時には母のない子のように もしもあなたと逢えずにいたら 子供から少女になって少し生意気 とも子と二人で暮らしてた頃 白いその肌見るたびなぜか涙が 夜空打って…太鼓響けこの地 住みなれた我が家を 住みなれた我が家を雲と どんなに遠くに暮らしていても 長い髪の少女孤独な瞳 人がいいのもほどほどにしろよ 花が咲き陽は昇り空の青さと 汽車を待つ君の横で僕は 夕陽背にしてふたりで歩いて 涙止めて世界中の涙を夢を あの日夢をさがして あなたにさよならって 祭囃子にヨ寝るのも忘れて お前が二十才になったら酒場で 走り続けろよ行く先向かって 船を追いかけおんなはひとり 五月雨は緑色悲しくさせたよ 安らぎ求めて男はいつでも 花咲く娘たちは花咲く野辺で 毎晩あぁ夢では幼いお前に 遠きふるさと風の音に 飛騨の高山サーエあんた伴れられ 母の生まれた小さな村へ こもれ陽あふれる部屋でふたり 雪に染まった津軽の中を あの人今度いつ頃逢わせてくれる バラ色の雲と思い出をだいて ちょっと飲ませてハイボール PARISの秋風に吹かれながら ひとりでお店を閉めてひとりで. トークも面白いので、若い方なら、歌も歌えるお笑いタレントと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

11

吉 幾 三 かあさん へ

ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとり ひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランよ 都会の隅で ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を 風に 風にヨ 暖簾巻く風にヨ 遠い故郷 くに のヨ 父親 おやじ を想う ふらり ふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランよ 雨から霙 みぞれ ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ふわり ふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて 合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を. 歌: 作詞:吉幾三 作曲:吉幾三 ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとり ひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランヨ 都会の隅で ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を 風に 風にョ 暖簾巻く風にョ 遠い故郷のョ 父親を想う ふらり ふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランヨ 雨から みぞれ ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を ふわり ふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて 合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夢の続きがあるのなら LU LU LU LU LU LU 涙で歌った あなたが好きだからそれでいい 強く強く抱いてよ 真夏の夜中に車を走らせ もし何かあっても僕のこと 雪が少しでも降ってくれたら 愛は愛とて何になる男一郎 空にしてって酒も肴も ただ傍に居るだけで 祭り囃子が町から消えてヨ 潮のかおりに何故か誘われ 悲しみのせて北へ走る 落ち葉がクルクルと風に舞い 雨が窓を打つ私の胸を打つ あなたへあなたへひと言 あの時君は若かった 夕陽に染まる海岸海風が頬を ビルの谷間を射す夕陽この街 亜麻色の長い髪を風がやさしく あなた逢いたい早く逢いたい 遠く離れた故郷の風と夕焼け 降りしきる雨の舗道頬つたう 雨の夜にあなたは帰る 愛されて夢を見てひとりで 出逢いから別離にとありがとう 涙枯れても夢よ枯れるな二度と コップ一杯飲む酒もなぜか サァ帰ろう涙ふいて いつか君と行った映画がまた 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 一度だけなら許してあげる 日本海から吹く風が いつか又逢える君と又いつか 揺ら揺らとゆらゆらと 生まれる前から結ばれていた 今でも町を流れる雪解けの水 うちのかみさん夜更かし好きで 海に抱かれて男ならばたとえ あんたの背中に爪を立てて 海猫よ誰か探しに来たのかよ ちょっと通りの裏小路 雨ふる小樽で傘の中別れた 元気でしょうか貴方さまこの町 湖に君は身をなげた 肩を抱き飲んだ酒夢語り 初めての町の初めての店で 踊り疲れたディスコの帰り 揺ら揺らとゆらゆらと波まかせ オジサンはオジサンは 土曜の夜だからお家居なきゃ 雨が枯れ葉に落ちる夜 背負えぬほどの男の荷物 少しはやんちゃで構わない ひざを合わせて男の酒は 櫓太鼓が隅田の川に なんで男は男は海へ出る 男だ女だ言う気はないが 淋しさを知らすように寄せては ヘェヘェヘェヘェヘェヘェヘェヘェ 北の岬に夕陽が散って 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 夕焼け川沿いみんなで歩いた 君を見つけたこの渚にひとり 男だろう飲みなよ泣けるだけ 夜舟ゆられて男のたびは テレビも無ェラジオも無ェ 俺の港はお前だヨ少し金貸して 風吹く北の町夜汽車にゆり 俺は田舎のプレスリー百姓の 雨がパラパラあなたとふたり こんなに別れが苦しいものなら 潮風乗って港のカモメあの人 生まれた時からみなし子で あなたの背中でかあさん わたし昔からそうでした 元気でいるか街には慣れたか ゴーゴーゴー風が泣いている 夢を背負って乗って来た夜汽車 お前とあの時出逢ったあの日 お前とあの時出逢ったあの日 昔あんたの胸の中あの夜聴いた 男の暦をめくってみれば 君のその頬やさしく撫でて 元気で仲良く暮らすんだ 貴男はもう忘れたかしら 愛すればこそ想い愛すればこそ 冬がもうすぐ来るのです 人込みの中すれ違った男 北の港のよ番屋には 人との出会いを求めて行こう あなた変わりはないですか. ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は何故か 女を想う ひとり ひとりで 飲みだした酒に 夢を浮かべて この胸に流す ヤーレン ソーランよ 都会の隅で ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を 風に 風にヨ 暖簾巻く風にヨ 遠い故郷 くに のヨ 父親 おやじ を想う ふらり ふらりと 居酒屋を出れば 冬の近さが 心に吹くよ ヤーレン ソーランよ 雨から霙 みぞれ ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ふわり ふわりと 降りだした雪に この手当てれば おふくろを想う 詫びて 合わせる 右の手と左 酒が降らせた 男の涙 ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を ヤーレン ソーランよ 積もり行く雪に ヤーレン ソーランよ 今夜も酒を. 第17位 ごめんヨかんべんナ 春日八郎• 第5位 錆びたナイフ 石原裕次郎•。

1

吉 幾 三 すいか 歌詞

。 。 。

12

吉幾三 酔歌 歌詞&動画視聴

。 。

4

酔歌(吉幾三) / コード譜 / ギター

。 。

2

酔歌・・・追伸 歌詞「吉幾三」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

。 。 。

8