クレーン 事故。 クレーン関連事故・災害事例

クレーン関連事故・災害事例

に 鎌田幸一 より• パイプサポートとは、型枠支保等で使用するための鋼製のパイプです。 荷物の飛来・落下の事故は減少しているとはいえ、少しの油断ですぐに起こってしまうものです。

13

一般社団法人日本クレーン協会

3 まさかの事故について予想がなかったこと。 このケースでも、パイプサポートの束を一本吊り、つまりワイヤロープ1本で、1箇所でくくるといったものです。 しかし事故はいつも同じパターンだけで起こるものではありません。

4

一般社団法人日本クレーン協会

この両者は、 考え方が大きく違うと思います。 そんな経験もしております。 ・「だろう運転」ではなく「かもしれない」運転 ・逃げ道は確実に用意する ・【事故だけは絶対に起こさない】と、強い考えを持つ ・取扱説明書はよく読んでおく ・他のオペさんの事故事例について、自分ゴトとして捉え、深く考える ・テンパってしまう理由は「経験がないことだから」 ・分からないことは素直に人に聞く クレーンオペレーターは毎日、事故と隣り合わせで働いています。

14

神戸新聞NEXT|あわや大惨事 “暴走”していた神戸港クレーン

けが人は出なかったが、巨大な設備だけに大惨事につながりかねない事態だった。 やむを得ず立てたままにする場合でも、クレーンは風上側に向けておき、ワイヤーを使って双方向に地面と固定しておく必要がある。 って思うワケですよ。

10

玉掛けの「落下」事故

その目標を達成することが、もう一つの目標である、「将来もっと大きなクレーンに乗る」という目標にも近づくと思っています。 適切な対処法が分からない場合は、ムダなプライドは捨てて人に聞きましょう。 そのためいつもと違う危険があり、いつもと違う安全対策が必要なのです。

クレーン点検中に転落死 川崎のJFEスチール(神奈川県川崎市)

この会社にはまだまだ色々なセクションがあり、様々な仕事があります。

10

クレーン点検中に転落死 川崎のJFEスチール(神奈川県川崎市)

案の定、関西電力は2月8日、「シミュレーションの結果、クレーン上空では平均風速30メートル/秒であり、最大瞬間風速は40メートル/秒を超えていた可能性がある」とする評価を公表した。

4

神戸新聞NEXT|あわや大惨事 “暴走”していた神戸港クレーン

人気の記事• これはかなり大きな物を運ぶのに適しています。

クレーン点検中に転落死 川崎のJFEスチール(神奈川県川崎市)

両社は、再発防止に取り組んでいるとした上で「弁護士と協議して対応を協議する」とコメントした。 「え、この状況でマスクが手に入らないってヤバいんちゃう?」 「これって誰の責任?オイ、政府!マスクを一般庶民の元に配るように手配しろ!」 「あそこのドラッグストアは9時開店と同時に、マスクが少数だけど店頭に並ぶらしいよ!わたしたちも朝早くからお店の前に並ぼう!」 すべて「経験がないことによってテンパったから」起きたことだと思います。 狭い道へ侵入するときや曲がるとき、当たらない「だろう」ではなく、当たる「かもしれない」と考え、運転席を降りて一旦、確認するのです。

4