中国 武漢 ウイルス 研究 所。 中国武漢研究所の石正麗氏、「中国軍とつながっている」=米メディア

武漢ウイルス研究所流出説、海外で再び広がる…ファウチ所長のメール公開、風向き変わる

その研究では、武漢ウイルス研究所のShi Zheng-Li 石 正麗 氏を中心とする研究者に資金を提供し、野生の蝙蝠由来のコロナウイルスの調査が行われた。

1

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘【新型コロナ】

付属施設 [ ] 中国科学院武漢国家生物安全実験室( 中国科学院武汉国家生物安全实验室、 National Biosafety Laboratory NBL , Wuhan )は、武漢P4ラボまたは地元では単にP4ラボとも呼ばれる、と共同で建設されたP4(4:BSL-4)研究所である。 新型コロナウイルスの発生源は 中国・ 武漢の海鮮市場で、 コウモリから人間に感染したとする論が一般的です。 2021年6月20日閲覧。

3

武漢の研究所、2019年11月に3人体調不良 米紙報道 新型コロナ「起源」再燃も

研究室の設立は、武漢大学学部長で微生物学の主任教員を務めていた ()を筆頭として行われた。 英紙デイリー・メールは4月24日の報道で、中国当局が9年前に始めた秘密の軍事研究プロジェクトに、武漢ウイルス研究所の研究者が参加していたと伝えた。

3

【速報】 中国、武漢研究所のウイルスサンプル数千点を破壊!WHOが告発

ダザック氏と武漢ウイルス研究所の関係 「ネイチャー」や「ランセット」などの欧米の主要医学雑誌も「研究所流出説」に関する論文を一切掲載してこなかったが、その背景には「中国の教育機関や政府の研究機関から多額の資金援助を受けているため、これら雑誌の経営陣は中国側の機嫌をとろうとしていた」との指摘がある。 本来ウイルスが持っている変異能力を刺激し、変異を促し、種を越えた感染力を持つウイルス株を探したわけですね。 世界保健機関(WHO)には、武漢で初めて症状のある患者が確認されたのは19年12月8日だと報告している。

12

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘【新型コロナ】

それは軍事的な意味合いのみではなくて、国防的な意味があるからだ」と話す。 その研究では、武漢ウイルス研究所のShi Zheng-Li 石 正麗 氏を中心とする研究者に資金を提供し、野生の蝙蝠由来のコロナウイルスの調査が行われた。

11

【速報】 コロナウイルス、やはり中国の武漢研究所からの流出だった!証拠明らかに?

2014年、オバマ政権は、米国内におけるウイルス研究を禁止する方針を打ち出していた。

11

武漢ウイルス研究所流出説、海外で再び広がる…ファウチ所長のメール公開、風向き変わる

すでに研究所は爆発したのではないか!?とネットで話題になりましたが、その真相を掴むまでの情報はありませんでした。