たたえる 意味。 「栄誉」と「名誉」の違いとは?分かりやすく解釈

湛える(たたえる)の類語・言い換え

基本的に両者とも同じ意味であり、どちらを使ってもOKとなっています。 「称賛」や「絶賛」に対し、ほめる度合いが強く、心から尊敬する相手に使用します。 一方で、「讃える」の「 讃」は 常用漢字には含まれていません。

4

「ねぎらう」と「いたわる」の意味の違いと使い分け

「ほめる」という意味の単語は、類語として紹介したものも含め様々なものがあり、複数を使いこなせると表現の幅が広がります。

13

讃えると称えるの違いとは?意味や使い分けを解説

相手の功績をほめたたえる、という意味の表現には、「賛辞を贈る(さんじをおくる)」という言い回しがあります。

16

「褒める」「誉める」「讃める」「賞める」の違い

(2)(同等または目下の者の)行いを評価し、よしとしてその気持ちを表す。 つまり、「称」自体は「常用漢字内」だけれども、 「たたえる」という読み方は「常用漢字外」なのです。 転じて、現在では 「他人の美徳をほめる」という意味で使われています。

8

「ねぎらう」と「いたわる」の意味の違いと使い分け

誉めるとは 「誉める」もまた、あるすぐれた行いへの称賛を口にすることを意味しています。 危険な状態にする の意• かねて。 まとめ 「栄誉」と 「名誉」は、ニュアンス的な違いがあります。

9

「称える」と「讃える」の意味の違いと使い分け

1つまたはそれ以上の方向に伸ばす の意• 素晴らしい業績を残した人などを言葉でほめ、心の底から感嘆することをいいます。 「栄誉」と「名誉」の違い! 賞めるとは 「賞める」も、意味としては「褒める」などと違いはありません。

答える・応える・堪えるの違い

「称讃」と「称賛」の違いは、「讃」と「賛」の字だけです。 「ねぎらう」と「いたわる」の違い 「ねぎらう(労う)」・・・相手の苦労や頑張りを評価して、感謝すること 「いたわる(労る、労わる)」・・・優しく接すること、相手の苦労を慰めること 「ねぎらう」は、 同等または目下の者が一生懸命働いてくれたり、物事に奮闘したことなどに対して感謝の気持ちを示すことを表します。

8