花 より 男子 二 次 小説 つか つく 再会。 颯HAYATE★我儘のべる

颯HAYATE★我儘のべる

彼女は、玲人に相談しようとしたが、一向に連絡がつかないことに気持ちも絶望し、 子供を産むことを諦め、フランスに旅立って行った、と聞かされた。 母が死んで何日か経ってはいたけれど、実感というものが無くて、 僕は能面を被っているかのように表情を変えることも無く、 泣くことも無く、生気の無い顔をしていたのだと後で聞いた。 今、付き合ってる彼女も、同じ誕生日だったんだよ。

5

新・天使の微笑み

「類?」 こんなところで、女と会ってるのなんて、珍しいな。 しばらくたったある日、玲人は彼女の部屋を訪れた。 あの、今からいう話は、 ここだけの話にしてもらえますか?? 誰にも言うまいと思っていた話なので。

8

新・天使の微笑み

その時、後ろの方がザワつき始めた。 」 「どんなヤツだった??」 「おまえ、だろ?自分で確かめろよ。 」 「いや、いいよ。

2

新・天使の微笑み

子供の前です。

2

颯HAYATE★我儘のべる

けどね、私達とは、住む世界が違うの。 本当は、顔を覚えていたわけじゃない。 何?プレゼントのリクエストでも聞きにきたの?笑」 「違うよ、そんなんじゃなくて。

颯HAYATE★我儘のべる

親に言うべきだろうか、いや、いっそ家を出てしまおうか。 。 。

13

新・天使の微笑み

僕も母さんも冬場に誕生日を迎えるから、 夏の一番暑い日にクーラーの効いた涼しい店内で食べることが出来たら どんなに幸せだろうかといつも思っていた。

13

新・天使の微笑み

」 総二郎に、背中を押されたその時、前を通りすぎそうとした人物にぶつかった。 。 」 つくしに促され、席に着いた。

5

颯HAYATE★我儘のべる

「お前、名前は?」 「・・・牧野 束(つかね)」 「・・・歳は?」 「もうすぐ10歳・・です」 男の人にがっしりと両腕を掴まれ、真っ直ぐに顔を目を見られている中、 僕は機械のようにただ答えた。