狂気 山脈 陰謀 の 分水嶺。 【マーダーミステリー感想】狂気山脈 陰謀の分水嶺

マーダーミステリー 『狂気山脈 陰謀の分水嶺』 レビュー評価など1件|ボードゲーム情報

ネタバレには配慮していますが、気になる方はそっと閉じてください。

4

狂気山脈 陰謀の分水嶺のレビュー:革新性と緻密なゲーム設計を備えたマスターピース|にっしー|note

マーダーミステリーとして驚くべきギミックがあるため、人によってはプレイヤーで遊ぶだけでなくGMとしてゲームを遊んでも大いに楽しむことができるかもしれません。

【ネタバレ】4/28のマダミス狂気山脈2nd【感想】|いなどり|note

まだ遊んでないマーダーミステリー好きの方は、ぜひぜひ5人集めてGMお願いしてプレイしてみてください。

【追記有り/アーカイブ延長】マーダーミステリー配信イベント「狂気山脈 星ふる天辺」8月10日(月/祝/山の日)

ネタバレ等もございませんので事前のご視聴をお勧めさせていただきます。 さらに、一度遊んだ人限定の、2周目シナリオも用意するなど、クリエイターとしての創作意欲がめっちゃ高いんだろうなぁという方。

【マーダーミステリー】教授でゆく狂気山脈 陰謀の分水嶺 / Vth Climb【でびでび・でびる視点】

前作でも10回以上の登頂を実施したベテランシェルパ(ゲームマスター psykaは今作でもゲームマスターを実施。

14

【マーダーミステリー感想】狂気山脈 陰謀の分水嶺

ある程度の事件の真相を明かした状態でGM視点で物語を俯瞰して見る。

狂気山脈 陰謀の分水嶺のレビュー:革新性と緻密なゲーム設計を備えたマスターピース|にっしー|note

エンディングでの行動や各プレイヤーのミッションに関して、披露される推理がほかのプレイヤーの行動に影響しないよう、個人ミッションの達成・未達成の確認はエンディング後に行うので、この「推理タイム」では事件に関係している人物についてのみ述べるようにとアナウンスします。 マーダーミステリーのファンならば誰もが一度は思い描く理想が結実している野心的な作品です。

5

狂気山脈 陰謀の分水嶺

狂気山脈というクトゥルフ神話に登場する山をモチーフとしながらも、決してある種カテゴリの持つパワーに頼らないシナリオ。

2

【マーダーミステリー】教授でゆく狂気山脈 陰謀の分水嶺 / Vth Climb【でびでび・でびる視点】

ペンデュラムについての説明 ダウジングの際に使用する振り子全般のことを「ペンデュラム」と言いますが、あまり一般的な言葉ではないので固有のアイテム名と勘違いする方がいるかもしれません。 この作品独特のギミックが 狂気じみた作りこみによって実現されており、おそらく、 この作品に作るのにかけられた労力は他のマーダーミステリー作品の数倍はあろうかと思われる。

8