ら ライブドア ニュース。 ライブドア

ライブドア

ネットワーク・ホスティング関連• 立件されなかった理由についてはを参照 マネーロンダリング疑惑 [ ] 特捜部と証券監視委員会は、堀江貴文らの1回目と2回目の逮捕の間、ライブドアのマネーロンダリング疑惑を躍起になって調べていた。 『検証「国策逮捕」 経済検察はなぜ、いかに堀江・村上を葬ったのか』 56-57頁。 平松は判決後の会見で控訴しないとした。

18

ライブドア

細野祐二『司法に経済犯罪は裁けるか』講談社(原著2008年8月4日)、初版。

ライブドア

また別の原告による民事裁判では2008年6月13日の1審で推定損害額の7割を賠償額として判決を出したが、2009年12月16日の民事裁判における初の高裁判決では1審がほかの下落要因として認めた、強制捜査や幹部の逮捕、ライブドア上場廃止の可能性、フジテレビとの提携解消などを「虚偽記載の発覚により通常起こりうる事態」と認定して、賠償額を減らす根拠にはならないとし、推定損害額からの減額は1割まで縮小した。 株主への影響 [ ] 「」および「」も参照 ライブドアへの強制捜査を発端として、2005年7月以来急騰し、過熱気味であった株式相場に大きな混乱が発生し、ライブドアが上場されていた市場だけではなく、東証および他の新興市場の株価にも大きな影響を与えた。 2008年2月13日• 『ライブドア関連会社元社長が書いた実録! 「本件犯行は、損失額を隠ぺいするような過去の粉飾決算とは異なり、投資者に成長性の高い企業の姿を示し、その判断を大きく誤らせ、多くの投資者に資金を拠出させた というものであって、粉飾額自体は過去の事例に比べ、高額ではないにしても、その犯行の結果は、大きいものがある。

9

ライブドア

『ヒルズ黙示録』 24頁。

1

ライブドア

量刑について堀江側は過去の事例に比べて粉飾額が少なく、有罪としても執行猶予が相当と訴えたが、判決は「粉飾金額が高額でなくとも犯行結果は大きい」と退け、公判前整理手続きで争点にならなかった投資事業組合の脱法性を一審判決が認定しており、訴訟手続きに問題があるとの主張も判決は手続きに法令違反はないとした。 ライブドア事件の捜査にはに出向していた斎藤隆博の存在も大きかったといわれている。 2009年12月19日閲覧。

11

ライブドア

パイナップルサーバーサービス買収 [ ] 特捜部は、ライブドアがオン・ザ・エッヂ時代の2001年12月、初めて手がけた企業買収であるレンタルサーバー会社のパイナップルサーバーサービスの買収について証券取引法違反の容疑で立件しようとしていた。

ライブドア

しかし、上級庁は「今更やる必要はない」として強制捜査を決裁で了承せず、堀江の3度目の逮捕は見送られたという。

ライブドア

ブログ:• 2004年3月15日、ライブドアは株式交換によるトライン取得という名目で新株44,448株を発行した。

5

ライブドア

Kはバリュークリック買収後も代表取締役に就いていたが、ライブドアの社風に馴染めず、特捜部から電話を受ける1年前に退任していたという。

10