壇ノ浦 の 合戦 現代 語 訳。 壇ノ浦の合戦の現代語訳をお願いします。「およそ能登守教経の~揺られ行くこ...

第十一巻解説

ああ、それ指をやめよ」 廷尉笑うて曰く。 赤地の錦の鎧直垂に、唐綾縅の鎧を着て、外装を豪華に作った大太刀を抜き、白木の柄の大長刀の鞘をはずし、左右(の手)に持って敵勢をなぎ払って回られると、面と向かって相手になる者はいない。 廷尉すなわち双指を弄し、ついに玉心を探って銜珠(かんじゅ)を拾う。

壇ノ浦夜合戦記

しかし、能登殿は少しも騒がず、真っ先に進んできた安芸太郎の家来を、裾を合わせるほどに近づいて海へどうっと蹴り込んだ。 いわんや淫声に近づくをや。

4

壇ノ浦の合戦現代語訳, 平家物語11 湛増、壇ノ浦へ:熊野の説話

余もしこれを楽しまずんば、あにこの秘術を尽さんや。

第十一巻解説

「かくのごときのみ」 と口を接す。 続いて寄る安芸太郎を、弓手 ゆんでの脇に取つて挟み、弟の次郎をば馬手 めての脇にかい挟み、ひと絞め絞めて、 続いて近寄る安芸太郎を、左手の脇につかまえて挟み、弟の次郎を右手の脇にかき寄せて挟み、ひと絞め絞めあげて、 「いざうれ、さらばおのれら死出 しでの山の供せよ。 「ああ、痛し。

10

壇ノ浦の合戦の現代語訳をお願いします。「およそ能登守教経の~揺られ行くこ...

平家方は悪七兵衛景清らが陸へ上がり、源氏方の美尾屋十郎と戦闘が始まります。 早く誓言を聞くことを得ん」と。 「古人言わずや。

18

平家物語「壇の浦の合戦」

「ただ一時の戯れ言のみ。 もとより臣らの意にあらず。

9