明智 光秀 妻。 妻木煕子

妻木煕子| 明智光秀の妻の生涯~逸話から愛妻家説を検証する~

1568年協助攻打,永祿12年(1569年)1月5日,襲擊義昭的宿所本能寺,光秀成功地協助義昭抵禦。

11

明智光秀の性格とは?人柄・人物像がわかるエピソードを徹底解説

重要な史料とされている『兼見卿記』の中に、光秀の妻・煕子 ひろこ に関する光秀とのやり取りを残しています。

15

明智光秀の子供たちは、その後どうなったのか?【子供の名前】

主君を討ったのだから当然戦になることは分かっていたため、政治基盤を構築しつつ、味方を集めようと援軍要請をだしました。 1576年(天正4年) 天王寺の戦いで石山本願寺に追い詰められるも九死に一生を得る。

19

明智光秀の性格とは?人柄・人物像がわかるエピソードを徹底解説

家臣や領民に対しても思いやりがある性格 光秀は家臣に対して思いやりのある一面があった。 現在なら、働きすぎて、 ちょっとの息抜きもとれないと訴えがあれば、 処罰の対象は上司である織田信長に なりますけどね・・。 熈子の墓 滋賀県大津市坂本5(西教寺内) なお、1576年、妻熈子は光秀の看病中、夫の病を貰い、1576年11月7日、急死すると 記載してある文献もあります。

妻木煕子| 明智光秀の妻の生涯~逸話から愛妻家説を検証する~

珠はその場でを受ける事を望んだが、教会側は彼女が誰なのか分からず、彼女の身なりなどから高い身分である事が察せられたので 、洗礼は見合わされた。

14

【生涯】明智光秀の嫁(妻)明智熙子。波乱万丈の歴史と逸話。

信長は一段ノキヨシといい、 向州は (明智光秀のこと、日向守を略して向州ともいう) 比べものにならないほど力を落としたといいます。

【生涯】明智光秀の嫁(妻)明智熙子。波乱万丈の歴史と逸話。

期にキリスト教徒などが彼女の洗礼名をとって「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、現在でもこのように呼ばれる場合が多い。

明智光秀の子孫は?父と母・妻と子供など家系図/出身地など出生まとめ

明智光秀の孫・織田昌澄 明智光秀の四女が嫁いだとされる津田信澄は本能寺の変の後に殺害された事は紹介しましたが、2人の間の嫡男で明智光秀の孫にあたる織田昌澄は、その後も生き延びており、藤堂高虎に仕えた後、豊臣家の直臣となり、大坂冬の陣では、旧主である藤堂高虎の軍と激戦を展開、豊臣秀頼から報償を受けるほどの活躍を見せています。 毒牙 義昭與光秀(、 ( 日语 : )著)• 在傳教士編纂的『日本史』中,對光秀有如此描述:• 妻・煕子 ひろこ は、越前の称念寺に住んでいた!? 光秀は、美濃で生まれ育ち、明智の居城は美濃にあった明智城だったと云われています。 なお、桑実寺は、 安土山に隣接している観音寺山の 中腹にあるお寺とのことです。

5

妻木煕子

このころ玉子はすでにキリスト教に密かに入信していて洗礼を受けてガラシャという名を持っていた。 天然痘とは現代では消滅したとされているが、当時は流行していた、ペストと同様に死者を大勢出していた恐ろしい病気でした。 二つの資料では、長女と次女の嫁ぎ先は、異なっています。

4