日本政府外国人入国緩和。 外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置

1月1日以降、外国人の入境は原則禁止となっていましたが、2021年3月1日から解除されました。

日本政府が入国制限を決断できなかった本当の理由 外国人がいないと業務が回らない!あぶり出された日本社会の実態(1/4)

なお、渡航日の14日以前に新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数を満たしている場合は、最端隔離期間が7日間となる。

16

政府 中長期の在留資格外国人の新規入国 順次認める方針決定

欧州医薬品庁(EMA が認めた新型コロナウイルスワクチン(2021年6月20日時点で、ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製)を接種し、規定の回数のワクチン接種完了から少なくとも14日以上が経過したこと。

20

海外から入国・再入国する外国人留学生(在校生・新入生)の皆様

イタリアはEUに加盟しているため、日本からの観光目的の渡航は許可されます。

15

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

(2021年4月24日発表、対象国・地域や施行開始日は未定) 陰性証明省の取得を「出国前72時間以内」に義務付けると発表(5月4日から) 陰性証明書の取得に際し、採取する検体は「スワブ検体」に限る(5月8日から) 入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開 (9月8日から) ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開 (10月1日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 全ての入国者は、出国前72時間以内の検査証明書の提示、空港検疫での検査、並びに、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についての誓約書の提出が求められる。

14

日本政府が五輪関係者に入国特権 「14日間の隔離」ルールは形骸化(NEWSポストセブン)

この隔離の制度を遵守しないことは犯罪であり、2,500ユーロ以内の罰金若しくは6か月以内の禁固又はその両方が科されることがある。 しかし、2021年1月14日より、再び、過去14日以内に韓国に滞在歴のある外国人には,「特段の事情」がない限り上陸を拒否という措置がとられています。 イ 全ての乗客は、シエラレオネ政府の旅行ポータルサイト www. ・重要な輸送インフラ、公共事業インフラ、製造サービス、情報サービス及び通信サービスの必要不可欠な修理、維持、建設又は安全確保に必要な者 ・国際機関の職員又は国際機関の適切な機能のために必要かつリモートでは行えない職務を遂行するために招かれた者 ・国際的に重要な競技に関連し、スポーツ・アイルランドから書面の証明書の発給を受けた旅客 ・職務遂行中のジャーナリスト• インドネシア インドネシアは、2020年4月2日から外国人の入国及びインドネシアでのトランジットを原則禁止していましたが、10月1日よりビジネス目的での渡航者を中心にビザ・滞在許可の発給を一部再開しました。

12

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

(ウ)入国時に新型コロナウイルス陰性証明書を提示しない、又は、入国前10日以上の陰性証明書を提示する者は、同国政府が指定するホテルに隔離され、48時間以内に検体を採取される(いずれも費用は自己負担。 しかし、2021年1月14日より再び、過去14日以内にフィリピンに滞在歴のある外国人には,「特段の事情」がない限り上陸を拒否という措置がとられています。

政府 在留資格のある外国人 再入国制限緩和へ 新型コロナ

。 しかし、2021年1月14日より再び、過去14日以内にイタリアに滞在歴のある外国人には,「特段の事情」がない限り上陸を拒否という措置がとられています。

3

海外から入国・再入国する外国人留学生(在校生・新入生)の皆様

3月19日からは、全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられています。 詳細については、各国の在京大使館及び各国に所在する我が方大使館のホームページ等を参照してください。

17